結露と健康

家の中では温度差によって結露が出来てしまいます。
窓や窓サッシが曇り、水滴がついてしまうのが結露です。
結露は窓だけではなく、温度差があると起こるため、壁の中でも起こり得ると言われています。
目に見えない壁の中はカビでいっぱいなのです。

カビが発生すると、カビを食べるダニが発生してしまいます。
これらが原因となって、カビやダニによるアレルギー疾患が発生してしまうのです。

寒い家にいると免疫が低下し、室内の温度差によってカビやダニが発生します。
是也が原因で、気管支炎やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などが起こってしまうと言われています。

家の中の温度差を常に一定に保つために、最近では断熱性住宅が建てられるようになっているのです。

夏でも涼しく、冬でも暖かく過ごすことが出来ると言われており、光熱費の節約やエコにもつながると言われているのです。

断熱住宅は最近はやっている輸入住宅でもその方法が使われていると言われており、輸入住宅の手法から作られているとも言われています。

良い家は健康を守る

良い家づくりとは、外見のデザインだけではありません。
住む環境も大事なのです。
住む家が原因で病気になるということはあってはいけないこと。

しかし、住み続けていくうちに、寒さや温度差、株が原因で健康が害されてしまうと言った事実も考えられるのです。

寒い家では皮膚などの表面の温度だけではなく、肺などの体の中の温度も低下するため、体全体の免疫力が低下します。この結果、皮膚アレルギーや気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患に悩まされる人は少なくはありません。
寒さなどでこたつにずっといると運動不足になり、高齢者の場合にはこれをきっかけに筋力の低下を引き起こし、様々な病気やケガを引き起こしてしまうと言われています。

最近では、自宅にいても健康被害が起こると言われており、ヒートショックによる死亡率も上がってきていると言われています。
家庭内で高齢者が死亡する原因の第1位にヒートショックが上げられていて、最近では改善策も考えられていると言われています。

家と健康について

住まいと健康は大きく関係していると最近では話題になってきています。

生活習慣病の要因の中に住環境が関与していると言われているほど、住まいは健康にとって最も重要視されていることが分かっています。

住まいの中で最近最も重要視されている一つに、室内外の温度差が言われています。
夏には熱中症、冬になればヒートショックによる死亡率も高くなってきています。

最近ではこのような温度差の対策のために、断熱住宅が考えられています。
夏でも涼しく、冬でも快適に過ごすことが出来るようになると言われています。

リフォームをするとそれだけ費用が掛かりますが、健康のためを思えばリフォームを考える人も少なくはありません。

また、断熱住宅にすると、冷暖房のコストが下がるので、エコにもつながり、経済的にもお得だと言われています。
リフォームが難しい人にも、工夫をすることによって改善されていくのではないかと思います。

断熱住宅にすると、換気について忘れがちだと言われていますが、空気の入れ替えを行う事も忘れないようにしましょう。

健康的に過ごすために必要な機能

住まいが及ぼす健康は様々だと言われており、健康的で快適に過ごすためにはいくつかの機能が必要だと言われています。

空気をきれいに保つことによって、シックハウス症候群を改善させる「換気機能」
結露の発生を抑えることによって、ウイルスやカビの発生を防いでくれる「耐久性・調湿機能」
夏は涼しく、冬は暖かく過ごすことによって血圧に異変をおこすリスクを下げる「高気密・高断熱機能」
地震の揺れにも柔軟に対応し、自然災害にも安心して長く住むことが出来る「吸震構造」
水分管理がしやすくエネルギー効率のいい「省エネ・エコ機能」

これらの機能が揃うことによって、健康面でのリスクを低減し、快適に過ごすことが出来ると言われています。
最近の家では、このような機能を加えて作りようにされており、快適に過ごすことが出来る人も増えてきているのではないでしょうか。
しかし、その反面で、まだまだ悩まされている人も少なくはありません。
工夫次第でうまく付き合っていくことで、リスクを低減させることも不可能ではありません。

健康な家への要素

健康は家を作り出すことによって、私たちも健康な暮らしを送ることが出来ると言われています。

健康な家を作り出す要素として、「温度」「湿度」「きれいな空気」があります。
これらの要素が整うことによって、健康な家を作り出すことが出来、私たちも健康的で快適な生活を送ることが出来ると言われています。

温度では、夏でも涼しく、冬でも暖かく過ごすことが出来るように、湿度ではカビやウイルスの発生を防ぎます。
換気機能を取り入れることによって、きれいな空気を体の中に取り入れることが出来、常に快適に過ごすことが出来ると言われています。

この要素が整うことによって、アレルギーやアトピーが改善されたというケースも多く言われています。
また、糖尿病心疾患や、脳心疾患などといった病気の改善も言われています。
病気がある人には改善の効果があり、健康な人には病気にならないように過ごすことが出来る家だと言われています。

赤ちゃんや高齢者の方がいる家だと、特に気を付けたいと思いますよね。

健康を守るための家の温度

家の中の温度は、健康面においてもすごく重要視されています。

家の中がジメジメしていて暑ぐるしさを感じていたり、室内に湿気がたまってカビが発生するのが心配だったり。

日本では、湿度が高くジメジメとした温暖温潤の国と言われており、新年では異常気象により、平均気温が上昇し、さらには蒸し暑さが増しつつあると言われています。

外にいても熱中症などで悩まされますが、室内にいるからと言って熱中症に悩まされないとは限りません。
室内の温度が上昇すれば冷房を付けてもなかなか涼しくならなかったり、昼間の日射をため込むことによって寝苦しい夜を迎えることもあるのです。

快適に過ごすことが出来ず、なかなか寝付けないことが続くと、ストレスもたまり、健康状態にも影響を及ぼしてしまいます。

温度をコントロールするには、自然素材が特に有効だと言われています。
天井や床、壁などの内部に使われる断熱材には、調質機能をもつ素材を選ぶようにするといいですね。

ヒートショックが及ぼす健康への影響

最近では、夏の熱中所や冬のヒートショックなどの家の中の温熱環境が原因で倒れたりなくなったりという人が増えてきています。
交通事故の死者をはるかに上回っているとも言われており、住まいが健康へ及ぼす影響として最も重要視されるようになってきました。

ヒートショック対策を本格的にするために家の断熱対策をする人も増えてきています。

住宅内での温度差が出やすいと、血圧変動のリスクも考えられます。

そして、これらの場所は脱衣場、洗面所、浴室、トイレ、廊下、玄関などでも出やすいと言われています。
費用は掛かってしまいますが、家の中の熱を均一に保つためにできるリフォーム工事を頼むことも一つの方法だと言われています。

お風呂場た脱衣場を温める設備、トイレでの暖房器具の設置、窓や床、天井など部分的に断熱化する方法もあります。

ヒートショックでの死亡率が高いのは、特に高齢者の方に多いと言われていますが、ヒートショックが影響するのは全体的にも言われているのではないでしょうか。

健康にも影響を及ぼす音環境について

住まいには音が必ず関係してきます。
ストレスを感じさせる音がないかということについても、住まいと健康面にはすごく重要視されるのです。

音がなく静かな環境よりも、ある程度の音に包まれてい生活している方が、安心してすごすことが出来ると言われています。
でも、その逆に、耳にするだけで不安感や精神的ストレスをもたらし、一定以上の大きさで聞き続けると、体の変調まで引き起こしてしまう音もあるのです。

ストレスを感じさせない音で生活をするには、多少の工夫をすることも必要になってきます。
外壁の暑さはなるべく15cm以上に設定し、開口部には防音サッシを採用するなどといった処置をすることが望ましいとされています。

音によるストレスは、外側からの音だけではありません。
エアコンやパソコン、洗濯機など、電化製品からもストレスを感じさせるような低周波音が発生されています。

健康にとって好ましくはないとはいえ、切り離すことは難しいですが、工夫をして上手に付き合って聞くことによって、ストレスを多少は軽減することが出来るのではないでしょうか。

光が及ぼす健康について

健康的に過ごすには、家の中の照明もすごく関係しています。
日が当たらない暗い家は、間違いなく不健康な家だと言われていて、光の当たらない暗い場所にずっといると、気が沈んでしまうとも言われています。
また、日光は細菌を殺したり、血糖や血圧を低下させてくれる働きを持っています。

また、ある程度の光がないと、視力にも影響を及ぼしてしまい、ストレスのもとにもつながるのです。

それぞれの作業に応じて、必要な明るさがあるのです。
ストレスをためることなく健康的に生活をするためには、ある程度の照明が必要だと言われています。
その証明を確保するためにも、家づくりの際には窓の大きさなども影響してくるのです。

プライバシーを守るために、通常の高さで窓を開けにくい場所では、ハイライトサッシがお勧めです。
上手に視野を逃しつつも、十分な明るさを得ることが出来ます。

毎日をクラス住まいなので、明るくてストレスが軽減される環境でなければいけません。
家の明るさは健康面にもすごく影響を及ぼしているのです。

睡眠環境が及ぼす影響

充実した睡眠を行うには、睡眠に適した温度環境を作ることもすごく重要です。
温度によって眠りの質は大きく影響すると言われています。
扱ったり寒かったりするとなかなか寝付くことが出来ず、しっかりと睡眠をとっていないと、健康面でも影響を及ぼしてしまうのです。
特に夏は寝苦しくてなかなか眠れない、暑くて途中で起きてしまうなどといった経験があると思います。

夏の暑さを防いでよく眠れる家にするには、昼間の日射対策が重要だと言われています。
さらに高気密住宅では、熱をため込んでしまい、夜の寝苦しさの原因となると言われているのです。

窓の内側のカーテンだけでは暑さ対策には実はなっていないと言われています。
窓の内側だけではなく、スクリーンなどを外側につけるなどをすることによって、より日射熱をシャットアウトすることが出来ると言われています。

内側だけ、冷房で涼しくしても、外側からの熱をシャットアウトしないことには、冷房の効果はなかなか発揮されないのです。