家と健康について

住まいと健康は大きく関係していると最近では話題になってきています。

生活習慣病の要因の中に住環境が関与していると言われているほど、住まいは健康にとって最も重要視されていることが分かっています。

住まいの中で最近最も重要視されている一つに、室内外の温度差が言われています。
夏には熱中症、冬になればヒートショックによる死亡率も高くなってきています。

最近ではこのような温度差の対策のために、断熱住宅が考えられています。
夏でも涼しく、冬でも快適に過ごすことが出来るようになると言われています。

リフォームをするとそれだけ費用が掛かりますが、健康のためを思えばリフォームを考える人も少なくはありません。

また、断熱住宅にすると、冷暖房のコストが下がるので、エコにもつながり、経済的にもお得だと言われています。
リフォームが難しい人にも、工夫をすることによって改善されていくのではないかと思います。

断熱住宅にすると、換気について忘れがちだと言われていますが、空気の入れ替えを行う事も忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です