結露と健康

家の中では温度差によって結露が出来てしまいます。
窓や窓サッシが曇り、水滴がついてしまうのが結露です。
結露は窓だけではなく、温度差があると起こるため、壁の中でも起こり得ると言われています。
目に見えない壁の中はカビでいっぱいなのです。

カビが発生すると、カビを食べるダニが発生してしまいます。
これらが原因となって、カビやダニによるアレルギー疾患が発生してしまうのです。

寒い家にいると免疫が低下し、室内の温度差によってカビやダニが発生します。
是也が原因で、気管支炎やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎などが起こってしまうと言われています。

家の中の温度差を常に一定に保つために、最近では断熱性住宅が建てられるようになっているのです。

夏でも涼しく、冬でも暖かく過ごすことが出来ると言われており、光熱費の節約やエコにもつながると言われているのです。

断熱住宅は最近はやっている輸入住宅でもその方法が使われていると言われており、輸入住宅の手法から作られているとも言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です