良い家は健康を守る

良い家づくりとは、外見のデザインだけではありません。
住む環境も大事なのです。
住む家が原因で病気になるということはあってはいけないこと。

しかし、住み続けていくうちに、寒さや温度差、株が原因で健康が害されてしまうと言った事実も考えられるのです。

寒い家では皮膚などの表面の温度だけではなく、肺などの体の中の温度も低下するため、体全体の免疫力が低下します。この結果、皮膚アレルギーや気管支ぜんそくなどの呼吸器系疾患に悩まされる人は少なくはありません。
寒さなどでこたつにずっといると運動不足になり、高齢者の場合にはこれをきっかけに筋力の低下を引き起こし、様々な病気やケガを引き起こしてしまうと言われています。

最近では、自宅にいても健康被害が起こると言われており、ヒートショックによる死亡率も上がってきていると言われています。
家庭内で高齢者が死亡する原因の第1位にヒートショックが上げられていて、最近では改善策も考えられていると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です